一宮の車検で気になる24か月点検の有無

ひと昔前は、車検と24か月点検は同じものと理解されていました。実際、きちんと24か月点検を行った上で、検査も通すというのが一般的でした。そのため今でも両者が同じことを意味しているように勘違いしているドライバーも多いようです。
しかし、この2つは同じではなく、同時に受けなければならないものでもありません。そのためにユーザー車検や代行業者に格安で任せたりることで費用を安く抑え、そのまま24か月点検をしないでクルマに乗っているドライバーもいるようです。
ただ、24ヶ月点検も法律上受ける義務があります。だから、受けないで良いというものではありません。そのため本来は同時に行ってしまう方が楽だし安心でメリットも大ききわけです。その点をよく考えてみる必要があります。

24か月点検は法律上義務だが罰則はない

24か月点検を受けるメリットをもう少し深く考えてみましょう。クルマの点検は12か月点検、24か月点検などがあり、これは法定点検と呼ばれる法律上の義務となっています。しかし、罰則規定がないためにディーラーから案内が来ても費用の問題で受けない人も少なくありません。
ただ、罰則がないからといっても安全のためには受ける必要があるものです。そのため車検のときには24か月点検をきちんと行ってくれる業者にお願いするほうが安心です。きです。
もし点検整備をきちんと行っていないと、後から故障の原因ともなり、逆に高くつくということにもなりかねません。現在一宮周辺の整備工場やスタンドなどでは整備点検の費用も安く設定しているところが多いので、それほど費用のことを心配する必要もないと思われます。

一宮で長く、安心安全に愛車に乗るために

24か月点検の検査項目は、エンジン・ルーム点検、室内点検、足回り点検、下回り点検、外回り点検の5つの項目からなっています。そして、それぞれ良好、交換、調整、分解などを表す記号が付けられます。
24か月点検において、交換部品があれば交換を行い、整備が必要な箇所があればきちんと整備することで、その後安心してクルマに乗り続けることができますし、もちろん検査にも通ります。
費用の安さと整備内容を天秤にかけたとき、どちらを重視するかはそれぞれですが、長い目で見るならば、いつまでも愛車に安心安全に乗ることができることが大切です。将来売ることになった場合でも、きちんと整備が行き届いているクルマとそうでないクルマとでは買取価格でも大きな差となって現れる可能性があります。